守谷市の道路

守谷市には、大きく二つの道路が走っています。

千葉県柏市から茨城県南部・西部、栃木県を通って福島県会津若松市までを結ぶ延長241.8kmの国道294号と、国道294号に並行して市の南東から北へ横断する常総ふれあい道路です。

 

この二つの道路から、千葉県や東京方面へは新大利根橋及び、常磐自動車道(谷和原IC)等があります。

新大利根橋は、以前は普通車250円という有料道路だったのですが、それが無料化したことで非常に千葉県方面へのアクセスがよくなっています。

また、守谷市の大部分で開通している都市軸道路と呼ばれる道路が、北はつくばみらい市を経てつくば市へ、南は千葉県柏市・流山市を経て埼玉県三郷市まで繋がる予定になっています。

 

また、高速道路は常磐自動車道が走っており、谷和原インターが国道294号線に接続しています。

守谷サービスエリアもあります。

 

そのほかにも、千葉県道・茨城県道46号野田牛久線、茨城県道・千葉県道47号守谷流山線(守谷街道)、茨城県道58号取手豊岡線、茨城県道251号守谷藤代線、茨城県道328号谷井田稲戸井停車場線などが走っており、自動車での移動は便利になっています。

 

守谷市の鉄道へ                            守谷市のバスへ

 

マンツネハイツホームへ