守谷市の河川

守谷市は、その市域において多くの河川に囲まれた形になっています。

 

守谷市中心部から見ると、北東に小貝川、西に鬼怒川、南に利根川が 流れていて、古くは入り江となっていました。

 

市街地を含む市域の大部分は台地上にあったものの、まわりの三方を河川に囲まれた地形であるだけに、台地ではない低地部の地域においては水害がたびたび見られました。

その後、時代が進むにつれて、明治時代から堤防の整備や調節池の設置が進められ、また調節池内にあった家屋を移転させるなどしたことで次第に危険は減少し、大規模な水害 は1982年頃まで、浸水自体は1985年までに収まっています。

 

現在においては冠水、浸水地域の改善等から、浸水の可能性が考えられるのはごく僅かな地域にとどまっています。

また、河川に囲まれた場所であったことから江戸時代から発達した河川交通の恩恵を受け、銚子などの利根川下流から関宿、江戸川方面への中継拠点、鬼怒川を通じた関東北部の産品の集積地となっていました。

 

守谷市の地勢へ                       守谷市の隣接自治体へ

 

マンツネハイツホームへ