守谷市のポイ捨て禁止条例

守谷市では、都心部の自治体ではよくあるポイ捨て防止に関する条例があります。

 

これは、清潔で快適な生活環境を保持することを目的として、2008年(平成18年)5月30日に設けられたもので、「守谷市ポイ捨て等防止に関する条例」 といいます。

 

条例の内容は、守谷市内でのポイ捨て、路上等喫煙はもちろん、飼い犬等のふんの放置に関しても、違反するものに対して勧告や罰金を行うための条例となっています。

 

特に、守谷駅周辺に設けられた強化区域でこれらの行為を行った場合には、20,000円以下(当面は2,000円)の過料が課せられることになっています。

 

また、強化区域以外のその他の場所であっても、ポイ捨て、路上等喫煙、飼い犬等のふんの放置に関しては、違反者は勧告を受けることになっています。

 

こうした、しっかりとした条例が制定されていることで、守谷市の景観が今後も保たれることになるのではないでしょうか。

 

ホームへ