守谷市のバス

守谷市には、一般の路線バスと市のコミュニティバスが運行されています。

それぞれ、一般路線バス、コミュニティバス共に中心的な駅であるつくばエクスプレス関東鉄道常総線が交差する守谷駅を中心にして、市内を四方に放射状に運行しています。

一般路線バスは関東鉄道バスが運行していますが、そのほかにも守谷市が運営し、関東鉄道に委託して運行するコミュニティバス「モコバス」があります。

特に、鉄道路線の少ない守谷市においては、北部や南部に向けたバス路線は重要な公共交通機関としての役割を担っています。

守谷駅を中心に環状に走る地域間交流バス(路線バス)の設定も検討されています。

 

また、常総ルートと呼ばれる高速バス路線があり、東京駅と茨城県南西部を結ぶ高速バス路線の総称となっています。

つくばエクスプレスの開業以前は、都心部からの交通手段が極めて不便だったこともあり、住民の要望から運行が実現した路線でもありました。

つくばエクスプレス開業後には、守谷市へのアクセスが飛躍的に向上したこともあって、改編が進んでいます。

 

守谷市の道路へ                      守谷市ゆかりの有名人へ

 

マンツネハイツホームへ