取手市ハザードマップ

 ハザードマップというのは、経験地から求められる今後起こりうる自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図として見やすくしているものです。

 

主な表示事項としては、予測される災害の発生地点、洪水地震、土砂崩れなどの被害の拡大範囲や被害程度があります。

これらを一目見てわかりやすく、色分けした形で表現しているところにハザードマップの意義があるのです。

さらには避難経路、避難場所などの情報についても、地図上に示されていますので、いざという時に役立つ非常に重要な情報となります。

ハザードマップを利用することによって、実際に災害が発生した時に迅速・的確に避難を行うことができます。

また、二次災害発生予想箇所についても、あらかじめ把握しておくことができるため、避難先としてこうした場所を避けることができることから、災害による被害の低減という意味では、非常に有効だといわれています。

 

取手市でも洪水防災についてマップが作成されていますので、あらかじめ把握しておくことをお勧めします。

 

取手市洪水マップへ

 

取手市防災マップへ

 

 

マンツネハイツホームへ