取手市の成り立ち

取手市は、茨城県の中でも最も南端に位置しており、県南と言われる地域にあります。

市の総面積は69.96平方キロメートル 、東西14.3キロメートル、南北9.3キロメートルとなっています。

地形的には利根川と、その支流である小貝川の二大河川が流れており、豊かな水と昔ながらの緑にとても恵まれた地域と言えるでしょう。

JR常磐線や、関東鉄道常総線の駅を中心として市街地が広がっていますが、少し離れると緑豊かな田園地帯が色濃く残っています。
東京都や千葉県に近い、茨城県の南部の玄関口としてばかりでなく、東京、成田、つくばを結ぶ三角形のほぼ中央に位置していることから、交通の要ともなっています。

特徴としては、交通の利便性と自然環境に恵まれた都市環境をもっており、首都圏の都市の中でも、住みやすい地域と言えるでしょう。

隣接する自治体としては、茨城県つくばみらい市、龍ヶ崎市、守谷市、北相馬郡利根町、千葉県我孫子市、柏市があります。

 

マンツネハイツホームへ                                 取手市の歴史