取手アートプロジェクト

取手市には、取手アートプロジェクトというものがあります。

取手のイメージと、アートのイメージというのはなかなか結びつかないかない方もいらっしゃるかもしれませんが、実は取手には東京藝術大学があるのです。

取手アートプロジェクトは略称TAP(=Toride Art Project)といい、1999年にスタートしています。

市民取手市東京藝術大学の三者がコラボレーションしながら行っているという、地域のアートプロジェクトです。
この取手アートプロジェクトの狙いは、若いアーティストたちの創作発表活動を支援することがまず第一でです。

そして、取手市民の方たちに対しても、さまざまな場面で芸術と触れ合う機会を提供することも目的になっています。

そして、取手市が文化都市として、芸術を中心にして発展していくことを目指しているのだそうです。

 

取手アートプロジェクトでは、全国からあるテーマのもとに作品を募集する「公募展」と、取手在住作家の活動を紹介していく「オープンスタジオ」を隔年で開催しています。

環境整備事業としては、壁画プロジェクト(2003年)、ガスタンクデザインコンペ(2005年、2010年)などを行ってきています。

また、最近では韓国をはじめ、近隣アジア諸国との国際交流事業としてのアーティストの相互派遣(2008年~)や、調査事業(2009年)などを行っています。

 

【過去の取手アートプロジェクトの事業】

  • 1999 取手リ・サイクリングアートプロジェクト+オープンスタジオ
  • 2000 取手リ・サイクリングアートプロジェクト「家・郊外住宅」
  • 2001 オープンスタジオ in 取手
  • 2002 取手リ・サイクリングアートプロジェクト「Take Me to the River ~川を知る・川に学ぶ~」
  • 2003 オープンスタジオ in 取手「アーティストの仕事場」
  • 2004 取手リ・サイクリングアートプロジェクト「1/2のゆるやかさ」
  • 2005 取手アートプロジェクト2005 オープンスタジオ「はらっぱ経由で、逢いましょう。」
  • 2006 取手アートプロジェクト2006「一人前のいたずら―仕掛けられた取手」
  • 2007 取手アートプロジェクト2007「はじまりは隣の家のアーティスト」
  • 2008 取手アートプロジェクト2008「取手井野団地―電気・ガス・水道・アート完備」
  • 2009 取手アートプロジェクト2009「TAPトラベル 産直とれたてアート」
  • 2010 取手アートプロジェクト2010「100本ノック!」
  • 2011~ 取手アートプロジェクト (コアプログラム《アートのある団地》/《半農半芸》を年度を越えて展開)

 

<主催>

取手アートプロジェクト実行委員会
取手市東京芸術大学、アート取手、取手市教育委員会、取手市商工会、財団法人取手市文化事業団、社団法人 常総青年会議所、取手美術作家展、特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス)
茨城県南芸術の門創造会議
(茨城県、取手市守谷市、取手アートプロジェクト実行委員会、アーカスプロジェクト実行委員会

特定非営利活動法人 取手アートプロジェクトオフィス

<協賛>

東日本ガス株式会社/株式会社安井建築設計事務所/株式会社新六本店/取手ロータリークラブ

<協力>

関東鉄道株式会社/独立行政法人都市再生機構/財団法人茨城住宅管理協会/日本総合住生活株式会社/取手井野団地自治会/井野アーティストヴィレッジ/とりでアートコンシェルジュ

<助成>

財団法人 文化・芸術による福武地域振興財団EU・ジャパンフェスト日本委員会

財団法人 自治総合センター(アートのある団地)

平成24年度 文化庁 地域発・文化芸術創造発信イニシアチブ事業(アートのある団地・半農半芸)

サントリー文化財団 地域社会と文化に関するグループ研究助成(半農半芸)

平成24年度 茨城県新しい公共の場づくりのための提案型モデル事業(アートのある団地・NPO活動基盤形成)

全日本社会貢献団体機構 子供の健全育成支援事業への助成(こどもプログラム)

平成24年度 取手市「取手の芸術活動連携サポート事業」事業受託(中間支援プログラム「とりでグラント!」)


取手のイベント                           取手市文化事業団


マンツネハイツホームへ