取手市を舞台にした作品

取手市にゆかりのある作品や、舞台として使用された作品を集めてみました。

特に、NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」は、主演の平将門役の加藤剛さんの豪快かつ優しいキャラクターがとても印象に残っています。

 

「一本刀土俵入」長谷川伸

歌舞伎の演目にもなっている、江戸時代の取手宿が舞台。

 

「海と風と虹と」「平将門」海音寺潮五郎

NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」の原作でもある。

 

「日本文化私観」坂口安吾

筆者が取手に住んだ、1938年-1940年の様子が書かれている。  

 

「人情取手宿」歌:氷川きよし、作詞:松井由利夫、作曲:水森英夫

一本刀土俵入を題材とした演歌。

 

取手市ゆかりの有名人                       取手市のイベント

 

マンツネハイツホームへ