取手のビール工場

戸頭のある取手市には、キリンビールの取手工場という大きな工場があります。

ビール工場が近くにあるととってもうれしいのは、工場見学の後、できたてのビールを無料で試飲できるというところが最大の魅力ではないでしょうか。

 

なんといっても、工場でできたてのビールを飲んでしまうと、もうどんなにおいしいお店のビールを飲んでも色あせてしまうほど、とってもおいしいのです。

ビール自体の新鮮さもさることながら、工場の方に言わせると、パッケージングや運送などでのストレスがまったくかかっていないというところが一番なのだそうです。

ビールもストレスがたまるとおいしくなくなっていってしまったりする物なのですね。

 

さて、取手工場には、キリンビアパーク取手という施設が併設されています。

ここでの工場見学では、1970年の工場操業開始以来2007年9月まで37年間使用されていた国内最大級の銅製仕込釜や最新設備のステンレ ス製仕込釜が併設された仕込室へ入ったり、ビールづくりの歴史を学べるとともに、仕込の熱気や香りを実感できたりします。

また、パッケージング工場では、実際の製造設備見学の他、映像をつかってビールづくりの工程をわかりやすく紹介してくれています。

ツアーのスタート時間は、9時30分、10時30分、13時30分、14時30分、15時30分となっており、インターネットでも予約ができます。

見学時間は、トータルで約70分 (見学:約50分 試飲:約20分)、人数 は2名~100名(100名以上要相談)で受け付けてもらうことができます。

休館日は年末年始と月曜日です。

 

試飲できるのは、

一番絞り、ハートランドビール、ハイネケン、氷結、キリンフリーです。

 

オプショナルツアーとして、

 

ハートランドビールツアー
偶数月の第二土曜日13時30分~(90分間)

ハイネケンツアー
奇数月の第二土曜日13時30分~(90分間)

エコブルワリーツアー ~ビール工場のリユース・リデュース・リサイクル~
毎月第1土曜日 9時30分から11時00分(90分)

 

というのもありますので、外国のビールに興味のある方もぜひ行ってみるといいと思います。

キリンビールとはまた違った魅力が楽しめます。

取手市に住んでいると、こんな魅力的なところも近くにあって、楽しめます。

 

取手市フィルムコミッションへ                  取手市野球連盟へ

 

マンツネハイツホームへ