マンツネハイツの耐震性

東日本大震災のときに、震度6弱という非常に強い地震の揺れを経験したマンツネハイツの建物や設備は、一箇所も被害を受けないですみました。

これは、在来木造という構造ではなく、鉄骨造というしっかりした耐震性のある作りであることが大きく影響していると思います。

木造でも、ツーバイフォー工法やパネル工法などでは、高い耐震性を得ることができるのですが、軸組みの在来工法ではどうしても耐震性を高くするのは難しくなります。

マンツネハイツの構造体として使われているのは、軽量鉄骨というものです。

積水ハウスがたくさんの物件を作る中で多くの設計経験を基に作り上げた、耐震性の高い工法です。

軽量鉄骨構造のアパートはたくさんありますが、積水ハウスの鉄骨は肉厚がしっかりと取れているため、他のメーカーの軽量鉄骨とは耐久力が違います。

そうしたことから、入居者の方々には安心して暮らしていただけるアパートということができます。

このことが、はからずも東日本大震災の地震を通して証明されたということは、大家としてもとても安心できるできごとでした。

ぜひ安心してご入居いただけたらと思います。

 

取手市と地震へ                          取手市花火大会へ

 

マンツネハイツホームへ